002_1006

妊婦さんはケールを飲んでも大丈夫?嬉しい効果は?

002_1005

栄養価が高く、最近では飲みやすい商品もたくさん出ているケールの青汁。

特に普通の人よりたくさんの栄養を必要とする妊婦さんにはとても魅力的な飲み物ですが、お腹の中の命を預かっている分、本当に飲んでもいいのか不安もあることかと思います。

ということで、今回は妊婦さんが摂りたい成分、避けたい成分から、ケールの青汁を飲んでもいいのかどうかを調べてみました。

妊婦さんが摂りたいの成分

002_1006

葉酸

これを知らない妊婦さんはいないほど有名な成分。モロヘイヤやホウレンソウなど、緑の強い野菜などに多く含まれています。

葉酸はDNAの合成を促進すると言われ、おなかの中の赤ちゃんが大きくなるには必須の成分。ところが、熱に弱く普段の食事で十分な量を確保するのは結構難しいのです。

ですので、サプリメントなどで補うことが推奨されています。

赤ちゃんへ栄養を送るには血液を大量に必要としますので、妊婦さんは通常の人よりも多くの鉄分を必要とします。

レバーや青魚などに多く含まれていますが、つわりでつらい時期にはこれらの食べ物をたくさん食べるのはなかなかつらいものがありますよね。

鉄分には貧血予防の効果もありますので、是非サプリメントや他の食べやすい食品で補っていきたいものです。

食物繊維

妊婦さんの悩みで意外に多いのがお通じに関すること

お腹が大きくなるにつれ腸内が圧迫されていくので、必然的に食べ物の通り道が狭くなり、便秘になりやすい体質となってしまうのです。

そんなときの大きな味方となってくれるのが食物繊維。不溶性食物繊維がお腹に溜まっている食べ物のカスを押し出し、水溶性食物繊維が便を流れやすいようにサポートしてくれます。

妊婦さんが避けたい成分

002_0040

ヨウ素

ヨウ素の過剰摂取は、赤ちゃんの甲状腺機能に影響があると言われています。

普段の食事で摂取する分には問題ないのですが、ヨウ素が豊富に含まれる海藻類を多く食べる日本人は注意が必要です。

わかめやひじき、昆布が好きな方は、いつもの半分程度に抑えるなど意識をしたほうが良いでしょう。

ビタミンA

こちらも通常摂取する分には問題ありませんが、過剰摂取の場合赤ちゃんに影響を与える可能性があると言われています。

うなぎやレバーなど、ビタミンAが多く入っている食品には気を配りましょう。

カフェイン

1日100mg以上の摂取を毎日続けると、流産のリスクが高くなると言われています。

100mgはそうそう摂れる量ではないのでそこまで気にする必要はありませんが、コーヒーを1日5杯以上飲む人などは減らしたほうがいいかもしれませんね。

結局、ケールは妊婦さんに良いの?

まず、今回紹介したおススメの成分(葉酸・鉄・食物繊維)は全てケールに含まれています。

また、それ以外でも鉄の吸収を助けるビタミンC、赤ちゃんの骨を形成するのに役立つカルシウムなど、ここでは紹介しきれないくらい妊婦さんに嬉しい成分がたっぷり含まれているのです。

さらに、食事ではなく飲み物で手軽に補えるのも押さえておきたいポイント。

つわりで料理をするのもつらいときに、青汁をさっと飲むだけでいいのであれば、きつさも幾分か軽減されるのではないでしょうか。

では、避けたい成分はどうでしょうか。

ヨウ素やカフェインに関しては、ほとんど含まれていないことがわかっています。またビタミンAに関しては含まれているものの、1日何杯も飲まないと過剰摂取にはなりません。

これらの点を考えると妊婦さんにとって非常に安全な飲み物であることがわかります。

ただ、大事な赤ちゃんを守るためにも、成分の含有量を必ず確認し、かかりつけのお医者さんにも相談してくださいね。

まとめ

・ケールには妊婦さんに大事な成分がたくさん入っている。

・妊婦さんが避けたい成分は、ほとんどないか過剰摂取にならない量なので安心。

最後に1つだけ注意点が。

栄養成分に関しては、摂取上限やそもそも摂取していいのか、個人個人で違う場合が多々あります。

お腹の中にいる大事な赤ちゃんのためにも、必ずかかりつけのお医者さんに確認してから飲んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です