002_0028

ケールってダイエット効果もあり?成分から考える

002_0031

“野菜の王様”と呼ばれるほど圧倒的な栄養を誇るケール。

野菜不足に関わる様々な病気の予防に役立つのはもちろんですが、実はダイエットの効果があるのもご存知でしたか?

今回はそんなダイエット効果について、成分面などから考えてみました。

ダイエット効果のある成分

002_0028

食物繊維

ダイエットに欠かせない成分の筆頭として上げられるのは、この食物繊維ではないでしょうか。その理由は2つあります。

まずは脂肪分を排出してくれること。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があるのですが、ケールには特に不溶性食物繊維が豊富に含まれているのです。

この不溶性食物繊維、体内で水分を含むと大きく膨らみ、体内に留まっている余計な食べ物のカスや脂肪分を体外へ出す働きがあります。

次は便通の改善を促すこと。

先ほどもお話しした体内にある余計なものを体外へ出す働きは、お腹に溜まっている便も例外ではありません。

ですので、ダイエットの天敵でもある便秘に対して、薬を使わず改善ができる方法として最適と言われているのです。

これら2つの働きが、ダイエットを協力にサポートしてくれますよ。

ビタミンB6

ダイエットに重要なポイントは、いかに摂取エネルギー(カロリー)を抑えるかということに加え、エネルギー(カロリー)を使うことができるかということが上げられます。

ここで紹介するビタミンB6は、『エネルギー(カロリー)を使う』ことを強力にサポートしてくれる成分として有名なのです。

というのも、この成分、基礎代謝を助ける働きがあるから。

肉や魚等から摂取したたんぱく質は一旦体内でアミノ酸に分解され、人間の体にとって使いやすいたんぱく質に再度合成され体内でエネルギーとして使われるのですが、これをスムーズにするのがビタミンB6なのです。

ですので、ビタミンB6が不足すると代謝がうまくいかなくなり、脂肪が付きやすい体になるだけでなく、肌荒れや食欲不振などの心配も出てきます。

ダイエットの土台である健康を守るためにも、ケールでしっかりと補給したいですね。

マグネシウム

マグネシウムはビタミンB6と同様、たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。

また、カルシウムとの摂取バランスが取れていると、骨や歯、心臓や血管などを丈夫に保つ働きも。結果的に強い負荷に耐えられる体作りができ、大きいエネルギーを消費する運動も行うことができるようになります。

通常マグネシウムが不足することはあまりないのですが、運動不足やストレスの多い人、お酒を良く飲む人は欠乏症になりやすいので注意。

代謝が悪くなるのはもちろん、動脈硬化や狭心症などのリスクも高まりますので、他の成分も一緒に摂れるケールを活用しましょう。

その他の期待できるダイエット効果

002_0030

ここまでダイエットに有効な成分について紹介していきましたが、それ以外にもケールが持つダイエット効果が最近の研究でわかってきました。

ここからはケール独自のダイエット効果について触れていきたいとおもいます。

脂肪燃焼効果

脂肪には白色脂肪組織と褐色脂肪組織の2種類があり、白色脂肪組織は燃焼効率が悪く、褐色脂肪組織は燃焼効率が良いものとして知られています。

年齢と共に白色脂肪組織の割合が増えていくのですが、ケールを摂ることによって褐色脂肪組織の割合を増やすことができます。

アルコール分解のサポート

お酒は量の割にエネルギー(カロリー)量が高く、また体内の分解が遅いため脂肪として体内に蓄積される割合が多いと言われています。

そのような中、ケールはアルコールの代謝を促す働きを持っており、余計なエネルギーをすぐに分解。

二日酔いをしにくいだけでなく、太るのを未然に防いでくれるなんて、お酒が好きな人にとってはとても嬉しい効果ですね。

まとめ

・食物繊維、ビタミンB6、マグネシウムなどダイエットに嬉しい成分が豊富。

ケール自体にもダイエットを助けてくれる効果がたくさん。

ダイエットの強力なサポーターとして、ケールを上手に活用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です