002_0015

ケールの味がしない?人気のはちみつ青汁の真価に迫る

002_0017

青汁と聞いたら、なんだかマズいイメージがありますよね。

よく思い浮かべるのは、バラエティ番組の罰ゲームでお笑い芸人が飲んだときのリアクション。

あれで青汁を敬遠している人も多いと思いますが、実は最近の青汁、毎日飲んでも飽きないくらい美味しくなっているんです!

その中でも特に注目されているはちみつ青汁について、その味や気になるポイントについて調べてみました。

本当に美味しいの?

002_0014

実際に飲んだ方の感想

まずは実際に飲んだ方の声を集めてみました。

・野菜嫌いな3人の子どもたちが、うそのように毎日美味しく飲んでいます。

・牛乳に混ぜて飲むととても美味しい!青汁とは全く思えません

・青汁だけは絶対に飲めないと思っていたが、好きな抹茶に似ていたので飲めた。

はちみつの甘みがちょうど良くて、飲みやすいです。

これらの感想は、年齢も性別もバラバラの方から寄せられたものです。

どの声もケールの独特な苦味を感じていないようですが、ではなぜ誰でも飲めるような美味しい味になっているのでしょうか。

ケールが入っているのになぜ美味しい?

ケールが入っているのにはちみつ青汁が美味しいのは、2つの理由があるからです。

1つ目はもちろんハチミツを配合しているから。でも、配合しているのはただのハチミツではありません。

なんと、日本でも有数のハチミツメーカーであり、健康食品のトップブランドでもある山田養蜂場ハチミツを使っているのです。

ケールの飲みやすさを30年以上研究し続けているキューサイと、ハチミツの美味しさでは全国で最も有名な山田養蜂場とのコラボレーション。美味しくないわけがないですよね。

2つ目はケールを粉末状にしていることです。

ケールに限らず、野菜は生の状態が一番苦味や臭みを感じるもの。それを瞬間高温殺菌の後粉末にすることで、栄養を残したまま独特の不味さを解消することができました。

これらの工夫により、『ケールなのに飲みやすい』青汁が誕生したのです。

気になる疑問

美味しさについてはご理解いただけたと思いますが、その他にもいくつか気になる点がありますので、それらを調べてみました。

はちみつ青汁のエネルギー(カロリー)は?

002_0016

ハチミツが高カロリーなのは誰もが知るところ。

せっかく様々な栄養素が豊富に含まれていても、カロリーが高ければ毎日続けるのはちょっと難しいですよね。

というわけで、はちみつ青汁にはどれくらいのエネルギーが含まれているのか調べてみました。

はちみつ青汁1袋あたり26kcal。1日2袋を推奨していますが、それでも52kcalですね。

他の食べ物で言えば、ポテトチップス3枚分、ビールだと約100ml程度です。

かなり低カロリーであることがうかがえますね。

値段は?

キューサイのケールと山田養蜂場のハチミツと聞いたら、なんだか高級品のような印象があります。

そこで、値段もそれなりにするのではと思い調べてみたところ、1箱30袋入りで約3,900円。1袋あたりなんと130円

さらに、定期コースで注文すれば初回は47%OFF!ジュースやコーヒー以下の値段で高級ケールと絶品ハチミツを購入できるのであれば、かなりお得ですね。

栄養素はどれくらい入っている?

品質が良い、美味しい、値段も安い、でも、肝心の栄養素が入っていなければ意味がありません。

はちみつ青汁1日2杯で緑黄色野菜140g相当の栄養素を含んでおり、この2杯で現在不足していると言われている野菜の量を軽くクリアすることができます。

栄養素に関しても全く心配いりませんでした。

まとめ

はちみつ青汁は年齢を問わず誰でも美味しく飲める

・美味しさの秘密は山田養蜂場のハチミツと粉末になっていること

・気になるカロリーも低め、価格も安くて栄養豊富

野菜不足が気になるなら、早速始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です