ケールでニキビを治す!肌荒れにも効果が?

002_1002

女性にとって肌の健康は永遠のテーマ。

日ごろの手入れも大変ですが、肌にいい成分を毎日摂るのはもっと大変で、その悩みがかえって肌に悪影響を及ぼすこともあります。

そんな方に耳寄りな情報が!青汁の主原料としてよく使われるケールには、ニキビを治したり肌荒れを予防する成分をたっぷり含んでいることが判明したのです。

今回の記事では、ニキビや肌荒れにお悩みの方に、ケールがもたらす効果を解説していきます。

ニキビや肌荒れになぜ効果がある?

002_0006

ニキビに良い理由

朝起きてから鏡を見たとき、ニキビを見つけたらその日のテンションが下がってしまいますよね・・・。

ニキビができる一番の原因は、毛穴に皮脂が詰まって肌が上手にターンオーバーできないからなのです。毛穴が詰まると油分がどんどん溜まっていき、それがニキビとなってしまいます。

毛穴に皮脂が詰まる理由はいくつかあるのですが、特に栄養のバランスが悪いときにその傾向が出やすいとの情報が。

具体的には動物性脂肪や糖質の摂りすぎたり、ビタミン類(特にビタミンB群)が不足したときです。

ということは、逆に動物性脂肪や糖質を抑え、ビタミン類をしっかり摂ればニキビ対策になるということ。

ケールは野菜なので動物性脂肪や糖質はほぼなく、ビタミン類が豊富に含まれています。

肌荒れに良い理由

肌荒れの原因は皮脂の不足による乾燥や洗顔などで肌をこすりすぎる、ホルモンバランスの乱れなど様々ですが、内臓も関係しているのはご存知ですか?

暴飲暴食をしすぎたり、お酒の量が多すぎると口の周りがカサカサしたり、吹き出物がいつのまにかできていたりしますよね。

これは内臓が、特に肝臓が以上をきたしているときに起こる症状で、内臓が健康な状態でないと顔にその影響が表れてきます。

ということは、暴飲暴食やお酒を控えることはもちろん、内臓の機能を高める成分を摂ることも大事です。

ケールにはビタミンAやB群、酵素など、内臓を良い状態に保つための成分がたくさん含まれています。

ニキビや肌荒れに良い成分

ケールがニキビや肌荒れにいい理由がわかりましたね。

ではここからは、具体的にケールのどのような成分にニキビや肌荒れ改善の効果があるのか、見ていきたいと思います。

021_004

ビタミンB群

代謝が悪いと脂肪が燃焼されなくなり、行き所をなくした脂肪が皮脂として大量に分泌され、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

そのような中、ビタミンB群には代謝を促す機能があり、余分な脂肪の燃焼を助けてくれます。

結果、体内に溜まる脂肪が少なくなり、皮脂へ余分に分泌される量が減っていくのです。この機能は軽い運動もあわせることにより、相乗効果を得ることもできます。

ビタミンC

肌にいい成分といえば真っ先に思い浮かぶビタミンC。

抗酸化作用でアンチエイジング、コラーゲンの増加を助ける働き、美肌効果など、美しい肌を維持するには必須の成分と言えます。

ただ、一つだけ注意点が。このビタミンC、熱を加えるとすぐに壊れてしまい、本来の機能を果たすことができなくなってしまうのです。

その点、青汁に使われているケール非加熱処理のものが多く、本来含んでいる成分をまるごととることができます。

食物繊維

美肌に意外と効果があるのがこの食物繊維。なぜニキビや肌荒れに良いのでしょうか。

実は便秘になると代謝機能や免疫力が低下し、老廃物が溜まりやすい体となってしまいます。

そうなるともちろん肌にも皮脂が詰まることとなり、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

それを解消してくれるのが食物繊維。ケールの不溶性食物繊維は体内で水分を含むと大きく膨らみ、腸内にある余分な食べかすを便として体外に押し出す働きがあります。

いつも食物繊維をしっかりと摂っておけば体の中に老廃物が溜まることもなく、キレイな肌を維持することができるというわけです。

まとめ

ケールは肌荒れの原因となる栄養バランスや内臓の改善に貢献してくれる

ケールはビタミンB群、C、食物繊維など肌に嬉しい成分が含まれている

美肌になりたいと思ったら、毎日摂りたいですね!

ケールで口臭予防?葉緑素でお口の臭いとはさようなら!

002_0009

お口の臭い、気になりませんか?

最近では口臭をなくす歯ブラシや歯磨き粉、飲むタイプのカプセルなど様々な商品が出ていますが、それでも改善しないという方はたくさんいます。

そんな方に朗報!実は、ケールに入っている葉緑素は口臭予防にも良いことが最近の研究でわかったのです。

健康維持はもちろん美肌やお通じ改善にも効果があり、口臭予防にもなるなら、是非試してみたくなりますよね。

というわけで、今回の記事ではそもそも口臭はどのような状態のときに起こるのか、またケールに含まれる葉緑素がなぜ口臭に良いのかついて調べてみました。

口臭の原因

002_0012

口臭と一言で言ってもその原因には様々なものがあり、生活スタイルや体質などによって大きく変わってきます。その中でもよくあるケースを4つ紹介していきましょう。

唾液の不足

朝起きたときに口の中がなんだか臭うという経験をされた方は多いと思いますが、これは唾液の分泌量が足りないことから生じるものです。

唾液は食べ物の消化を助けてくれるだけでなく、口の中に残った小さな食べカスをきれいに流してくれるという働きを持っています。

ですので、唾液の分泌が少ないと嫌な臭いを発生させる菌が増え、口臭の原因に・・・。

これを防ぐためには、口の中をいつもみずみずしく保つこと、菌が嫌がる成分を定期的に摂ることなどが推奨されます。

胃腸にある食べ物のカス

口臭の原因は全て口にあるとは限りません。その代表的なものが胃腸にある食べ物のカスです。

消化不良などによって食べ物が長期間腸内に残っていると、発酵が進み嫌な臭いを発生させます。

これが血液を通じて肺へ運ばれ、そこから呼吸として口から出てくるのです。

特に腸内に悪玉菌の割合が高いと食べ物が溜まりやすく、かつ発酵も進みやすい体質となってしまいます。

これを防ぐために、暴飲暴食は控えバランスの良い食事を心がけましょう。

コーヒーや紅茶

意外にもコーヒーや紅茶も口臭の原因になると言われています。その理由はカフェイン。

カフェインは交感神経を過敏にする効果があり、交感神経が過敏になると口の中で分泌される唾液の量が減ってしまいます

それが口内で悪臭を放つ原因となる菌の発生を促してしまうのです。

またコーヒーの粒子は舌に残りやすく、それが長時間溜まっていると腐敗が起こり口臭の原因になるとも言われています。

タバコ

タバコを日常的に吸う方は口臭もタバコの臭いが付いてしまうのですが、その原因は3つあります。

1つ目はタール。タールは歯や舌に付きやすく取れにくいという性質を持っており、これが長期間滞留することによって臭いを発生させると言われています。

2つ目は一酸化炭素。口の中には臭いを発する菌が存在するのですが、その多くは酸素を苦手にしています。本来であれば血液から運ばれる酸素がこれらのを撃退してくれるものの、一酸化炭素はその働きを邪魔するのです。

3つ目はニコチン。一酸化炭素と同じく血流を鈍くする効果があり、酸素を口内にまで行き渡らないようにする働きがあります。

葉緑素はなぜ口臭を防ぐ?

002_0010

口臭の原因についてお話ししましたが、ではなぜ葉緑素が口臭を防いでくれるのでしょうか。

まず葉緑素というのは、植物が光合成をするのに欠かせない脂溶性の色素で、ケールはもちろん、緑色の強い野菜にも多く含まれています。

この葉緑素、様々な原因の臭いに対して効果があるんです。

まずは唾液不足により起こる菌の増加。葉緑素には殺菌効果があり、特に放置することで悪臭を発する菌に対しては絶大な力を発揮。

もちろん、コーヒーや紅茶による唾液不足や、タバコのタールによる菌の増加に対しても消臭作用が期待できます。

次に腸内環境による口臭。葉緑素は腸内に入ると悪玉菌をやっつける働きがあり、その結果食べ物のカスが腐敗するのを遅くする効果が期待できるのです。

腸内から嫌な臭いが発生しなければ、必然的に口から嫌な臭いがすることも少なくなります。

このように、口の中、腸内両面で消臭効果が期待できますよ。

まとめ

・口臭がする原因はたくさんあるが、大きく分けると口内と腸内の環境が影響する

・葉緑素は口内、腸内共に消臭効果がある

口臭が気になる方、是非ケールで消臭しましょう!